yuko's diary 9/29/22

Cloudy morning.

Coffee.

It was little chilly but I was about to water the garden.

Then I found out the irrigation water is already shut up.

Oh well.

I watered little with my water can.

I took backup of my old iPhone photos.

Then organized some photos on my computer, too.

I got screen protection, and the case.

OK, it’s ready now.


I had oatmeal and black tea.

This cloudy grey sky reminds me the winter here.


I cleaned up my desk in the mobile home.

I made space for the plants I will pot up.


It was already afternoon.

I walked to farmer’s market.

Diego and Michael were not there!

So I got Thai food instead.

BBQ pork dish and spring rolls.

I got peach jam from Mariah, black garlic from Lyn.


Saige and Daisy were waiting for me at the end of the bridge.

Saige followed me, but Larry called her back.

Dan came home around 4?

We ate Thai food together.

He brought several big corns home.

I told him that I was about to buy them.

He said that he read my mind.


The sun came out by the time we finish eating.

It felt much better.

We finished series based on Jeff Dahmer.

I liked it because it was not focused on him but victims and other people.

How Jeff was privileged and the society was biased.

Serial killer is tend to captured with how gruesome they are,

but this one reminds me that it happened in the society.


We also watched the last episode of “Reservation Dogs”

Both were talking about loss and pain.

曇りの朝。

コーヒー。

ちょっと肌寒いけれど、水やりをしようかなと思って外に出たら、

もう用水路の水が止まっていた。あらら。

昨日撒いた種のところにだけジョウロで水やり。

古い方の携帯電話に入っていた写真をバックアップしたり、

ついでにパソコンの方も整理していたらあっという間に時間が経った。

けど軽くなったし、携帯のケースも来たし、これでひと段落。


オートミールを食べて、紅茶を飲む。

冬の間はこういう風にグレーな日が多いんだよな、と思い出した。


モバイルホームの方のわたしの机を片付ける。

鉢上げする植物のための場所もつくった。


そうこうしているうちにお昼も過ぎていて、ファーマーズマーケットへ歩いていく。

今日はマイケルとディエゴがいない!タマレはなし。

タイ料理にする。

見たことない、ビーフンの細いのと野菜と豚肉の炒めたもののセットと、

生春巻き豆腐入り。

マライアからモモのジャムを買って、リンさんから黒焼きニンニクを購入。

歩いて戻ると、橋の端っこで、セージとデイジーが出迎えてくれた。

セージはそのままついてきたけれど、ラリーに呼び戻されてしぶしぶ帰って行った。


夫は4時ごろ帰ってきたかな。

いっしょにタイ料理を食べる。

今日は立派なコーンを何本ももらってきた。

マーケットで買おうと思ってやめてよかった!というと、うれしそうに笑っていた。

食べ終わる頃、太陽が出てきて、世界がいきなり色づいた。

なんだかほっとする。

夜は抜き。

ジェフ・ダマーという、連続殺人犯のシリーズを見終わる。

後半、ダマー側の視点から、被害者やその周りの視点に切り替わっていき、

ダマーが白人の男性であることで、どれだけ見逃され、恩恵を受けていたかということを丁寧に描いていた。

警察をはじめ、アメリカ社会に根差したレイシズムをこれでもかと見せられる。

異端で異様なもの、として連続殺人犯を扱いがちだけれど、

やっぱりそれは社会の中で起こるもので、その社会を反映するのだなと思った。


Reservation Dogsのシーズン2の最終回も見終わる。

こちらは全然違う話なのに、喪失の痛みとそれを手放すことがテーマになっていて、なんだかリンクしていた。

次のシーズンが楽しみ!