yuko's diary 9/25/21

Woke up 7 and then 8:30.

Today is the garbage day!

The city provides the big container which you can put any garbage.

As we have tons of construction garbage, we were looking forward to it.

I made coffee and toast, wrote one letter.


While I was watering the garden, M came, it was around 10.

We loaded his truck and went to the soccer ground.

There were 4 big containers and 5 trucks.

We put garbage one by one.

Then back home for more. Repeated it 5 times!

It was passed 1 pm when we finished, and we still have more woods and refrigerator...

I was hungry and ate the leftover curry and rice.

Dan didn’t.


M came back and we went for a drive.

We saw many lakes, beautiful mountains. Not many trees were changing the color yet, but it’s coming.

We stopped at one big lake. Tilly, M’s dog was so happy.

Then we saw a flock of mountain sheep.

They were not big, but many and female has big horn.

Tilly was soooo excited, barked so loud and tried to jump out.

She loves to chase animals.

After that she kept barking even to the ordinal cows on the ranches.

It was nice break.

We have been working hard lately, and were so tired.

As winter gets closer, we were afraid that we’ll be cold, but now we feel it’s getting there.


Back home, I wrote more letter, worked little in my garden.

Soy beans and bush beans are almost done. I might start planting the cover crops.


We ordered pizza for dinner.

7時に起きて、二度寝。8時半に起きたとおもう。

今日は大型ゴミの日。市が、おおきいコンテナーを用意してくれて、いろんなゴミを無料で持っていけるので、前から楽しみにしていた。家の周りに解体で出たゴミがあるのがとても気になっていたので。特に夫が。

コーヒーとトースト。思いついて手紙を書く。

水やりをしている時にMが到着。10時くらいだった。

トラックの荷台に詰め込んで出発。すぐ近くの、サッカー場やゴミ処理場などがある広場へ。

コンテナが4台あって、トラックが5台くらい来てゴミを入れていた。

Mの知り合いにたくさん会う。

荷台を空にして、もう一度。なんと5往復した!

終わったら1時を過ぎていた。まだ木材(燃やす)と、冷蔵庫(リサイクル)が残っていたけれど、だいぶすっきりした。

おなかが空いたので、カレーライスを温めて食べた。夫は調子が悪いのか、食べず。

Mが戻ってきて、ドライブへ。

近所の湖を見せてくれた。たくさん。どれがどれか覚えてないけど、フィッシュレイクというのは見た。ひとつのほとりで止まって一服。山は紅葉し始め。でもすごく色付く木は少ないのかもしれない。松とかセージとかは変わらないだろうし。

それから、道の真ん中をのんびり通過している、野生の未の群れに出会った。

マウンテンシープ、かなりがっつりしていて、ヤギのような体型だけど、メスのツノがくるりとしていた。

Mの犬、ティリーは大興奮。飛び下りて追いかけたいみたいだった。実際に鹿を追い掛けて山の頂上まで行ったことがあるらしい。

あまりに興奮して、そのあと道端のふつーの牛にもほえるのでみんなうんざりした。


とてもいい息抜きになった。

このところ、冬が来るのが怖くてどんどん進めていたけれど、なんとか形も見えてきたし、いちおう住めているし、すこし落ち着こうとおもう。


言えに戻って、またお手紙を書く。

それからお庭のことをすこし。

大豆と豆はだいたい終わりみたいだから、草を引いてきれいにした。

この後はカバークロップを植えるつもり。


夜ご飯はピザをとった。