yuko's diary 8/20/22

As it was raining hard, I was not sure if I needed to water, but I did.

Then I found that deer ate 5 or 6 green tomatoes and two honey dew melon.

One melon was gone, I don’t know how they did it.

Dan was more upset than me.


Coffee, yogurt with banana and cherry jam.

It was humid but cloudy, so I worked around the herb garden.

Weeding around the blueberry trees, no pruning.

Then I sow German chamomile, crimson clover and calendula seeds.

Some of herbs are getting along with each other.

Some of herbs were gone even before germination.

I love to see this herb garden is growing its own character slowly.

I’m just making offer and suggestions, and they would decide what they want.


I made fried green tomato and BLT sandwich with it.

Panko which I made in the coffee grinder and cornmeal.

Tomatoes taste really different when it’s fried.

I think people who dislike tomato would appreciate this plate.

Dan said this is the best sandwich he ever had.


Dan worked so hard whole day to finish the fence.

We took break in the evening and he went back working.

I think he’s more determined than I am.

I am ok with deer eating my tomatoes, but I just want them to eat whole not just one bite.


We watched “We Feed People”

We knew about José Andrés and World Central Kitchen.

But we didn’t know that he went everywhere.

His goal is simple, and powerful.


I too want to feed local people with my vegetables and fruits.

As I was told some students has nothing to eat other than school lunch.

I need to feed ourselves first, and then neighbors, and then school in the future.

雨上がりなので、水やりはいらないかなとも思ったけれどいちおう、と外に出る。

青いトマトが5、6個、ハニーデューメロンがひとつかじられていて、ひとつ行方不明に。

あー、やられた。

丸ごとなくなったメロン以外は、またひとくちかじってポイ、だった。

夫に報告すると、今日はフェンスを仕上げる!と張り切っていた。

コーヒー。バナナとチェリージャム入りヨーグルト。

湿気はあるものの、曇っていてすずしいので、ブルーベリーの周りの草引き。

まだ小さいので剪定はなし。

そのあとハーブガーデンの種まきも。

ジャーマンカモミール、クリムゾンクローバー、カレンデュラ。

果樹の根元にもまいた。

少しずついろんなハーブが共存しはじめていて、このハーブガーデンの姿というか、性格が形成されているみたいでおもしろい。

まったく芽吹かずに終わったハーブもたくさんあるし、どんどん増えているものもある。

こちらはいろいろな種を提案・提供するだけで、あとはハーブガーデンの行きたい方へ行ってもらう、という気持ちでいる。


お昼はフライドグリーントマトをつくって、BLTサンドイッチにすることにした。

衣はコーヒーグラインダーでつくったパン粉と、コーンミールを半分ずつ。

トマトは揚げるとぜんぜんちがった味がする。

あっさりしていて、ジューシーで、トマトが苦手な人でも食べられそう。

あつあつを、おいしいおいしいと言いながら食べた。

日本のトマト農家さんとかも食べているだろうか。


夫はいちにちフェンスをつくっていた。

トマトとペッパー類のあたりまでぐるりと囲む形のもの。

しっかり暑くなった午後もずっと外にいるので心配で水を運んだ。

夕方いったん休憩して、夜暗くなる直前に完成。

トマトを食べられたくないという気持ちは夫の方が強いんだと思う。

わたしは、食べてもいいけど、どうせ食べるなら完食してくれ、と思っている。

ひとくちだけかじるのは無駄にされているみたいで悲しいから。


夜、”We Feed People” というドキュメンタリーを見る。

ホセ・アンドレスというスペイン出身の有名シェフが行っているチャリティで、

災害があったところにすぐに飛んでいって、現地で料理してとにかく食べ物を届ける、というもの。

いわゆる非常食ではなく、ちゃんと料理された、現地の人の好む料理。

彼の活動は前から知っていたけれど、ハイチの地震のあとほんとにどこにでも行っている。

日本のダイヤモンドプリンス号だっけ、あそこにも行っていたし、

コロナがいちばんひどい時のニューヨーク市にも来ていた。

ドキュメンタリーには含まれていないけれど、戦争が始まった直後のウクライナにも行っていた。

とにかく必要な人にすぐに食べ物を、というシンプルで強い気持ちが伝わってくる。


わたしもここで採れる野菜や果物を、いつかここの学校に届けれたらいいなとひそかに思っている。

学校給食しかその日食べるものがない生徒もいると聞いたから。

まずはじぶんたち、そして近所のひとたちに、少しずつシェアしていこう。