top of page

yuko's diary 7/25/23

Tuesday.

I watered the garden quickly, and left for work.


I knew it will be cold today, but it was really chilly in the morning.

It was almost like back to May.

Everything went smooth.

We had long scan, and ended up with short lunch, but still managed to read.

Finally, I finished the book!

This gloomy gray day suited to finish Woolf.

I found that Dan was circling the word “nothingness” which is important phrase for both of us.


The sun came out in the afternoon.

But still in 70s. It was nice.

I worked until 5, and Dan came to pick me up.

He ordered Thai food and we waited outside.

This restaurant used to operate at culture center.

A Thai lady named Joy was the owner, and she saw me and gave this slight smile.

This is what happens when Asians see each other.

We give each other tiniest recognition.

Back home, we ate it immediately.

Pad thai, spring roll, and teriyaki steak.

Everything was good, but huge potion, we only ate half.

I got a trumpet mouthpiece to practice deep breathing.

It sounds like fart, and it made Dan laugh.


We watched Mets and Yankees, subway series.

Mets was winning, but it was almost loosing in the end.


We fell asleep together.

Then woke up to put the garbage can out.

And went to bed.


火曜日。

さっと水やり、コーヒー。

歩いて仕事へ。

天気予報を見てわかっていたけれど、肌寒い!

午前中は19度くらいで、雲に覆われていて急に2ヶ月くらい戻ったみたいだった。


スムーズに進んでいく。

ちょっと長めのスキャンが続いて、お昼休みが10分ほどになったけれど、それでも本を読む時間はあった。

ついに読み終わる。

こんな冷たくてグレーな日は、ウルフの小説を読み終わるのにぴったりだと思った。

最後の方、夫が nothingness という単語に丸をつけていて、それはわたしたちそれぞれが大切にしている言葉なので、なんだかとてもうれしかった。

午後は太陽が出てきてしっかり温まったけれど24度くらい。

こんな日もたまにはいいな。


5時近くまで仕事をしてさっと片付けて引き上げる。

夫が迎えにきてくれて、近くのタイ料理屋さんでお持ち帰り。

ここのタイ料理はジョイというタイ人のひとが始めたもので、

わたしたちが移住してきた当初は、カルチャーセンターを借りて営業していたのが、ついに店舗を持つようになったもの。

待っていたら、ジョイが出てきて、わたしを見てこころなしかニッとした。

アジア人同士が会った時特有の、一瞬のやりとり、ひさしぶり。

帰ってすぐに食べる。

パッタイに、生春巻き、テリヤキステーキ。

もちもちのジャスミンライスがおいしい。

量が多くてぜんぜん食べきれない。

半分ほどでごちそうさま。


深呼吸の練習を、とカウンセリングで話したのをきっかけに、

トランペットのマウスピースだけ購入したのが届いた。

プープー鳴らすたびに夫が笑う。

楽しくなってずっとやっていた。

メッツはヤンキースと。

年に何回かのサブウェイシリーズ。

大差で勝っていたのに、追いつかれそうになってざわざわした。

なんとか逃げ切る。


そのままひっつきながら横になっていたら寝落ちしていた。

起きたら真っ暗で、一瞬どこにいるのかわからない。

上弦の月に、たくさんの星。

台所を片付けて、ゴミを出して、おやすみ。

bottom of page