yuko's diary 7/21/21

Woke up before 5. Watered the garden, and wrote letters.

Dan didn't wake up, and it was kin of cold, so I went back to bed with him.

We woke up and made late breakfast around 11.


M came along to finish the plumbing, but there was another leak.

So we stopped there, and started working on the window in school house.

In order to install new window, we had to remove wall.

There was this fake wood panel, and drywall.

M told us to demolish them and left.


Dan was not feeling well, and rested.

I wanted to work so badly, so I did little bit, but there was not enough work I can do.

We started working together around 5?

Underneath the drywall, there was many wood bars? nailed horizontally, and you can see there was another layer of wood....

In between those layers, there was some space, but no insulation.

hmm. This is a lot of work.


We went to M's for dinner, and talked about the wall.

M came to check after, and we decided to remove all those bars, and put insulation, and new drywall.

Phew.

I knew there's a lot of work to be done, and I was happy that it's going forward even though it's slow.


5時に起きる。水やりして手紙を書く。

夫はなかなか起きて来ない。肌寒かったのでわたしも二度寝。

10時過ぎにのそのそ起きて朝ごはんにした。


Mが来て水道工事の続き。

水が通った、と思ったらまた別のところから漏れていた。

この辺りは、ほんの小さな穴から入った冷たい風でパイプが凍って破裂することがあるとのこと。

多分その古いパイプから漏れた。

濡れた箇所が乾くまでいったん中止で、窓の設置に移る。

スクールハウス、つまり家の窓を総入れ替えするのだけど、そのためには壁を取り除かないといけない。

まずベッドルームから。

木目風の安っぽいパネルを剥がしたら、石膏ボードが出てきた。

これも剥がして、と言ってMはいったん帰宅。


夫は調子が悪く、昼寝してしまった。

わたしはなんだか焦っていて、少しでも進めたかったのでできることをする。

圧倒された時の、気持ちの対処の仕方ってそれぞれだな、と思う。

夫は時間が必要、わたしはとにかく動くことで不安を乗り越えようとする。

思ったように進まないことと、薄ら寒くなったことで、今日はみんなちょっと焦っていた。


5時ごろ、夫と石膏ボードを剥がす。

すると、古い木の板が、水平にたくさん打ち付けてあって、その下にまた別の木の壁が見えた。

でも断熱材がない…。

これはさらに大変だなーと思っていったんストップ。


M家でご飯食べながら相談する。

ご飯後、Mも見に来てくれて、やっぱりこの板も外して、その後に断熱材を入れて、それから新しい石膏ボードを貼ることに。

見通しが立ったことで少し安心した。

予想通り進まないことは予想済みなのだけど、それに関して何もできないことで不安が煽られてた。

とりあえずやることができてよかった。ひとつずつ。