top of page

yuko's diary 7/19/23

Wednesday.

I watered little too long, and had to rush to work.


It went smooth today too.

A patient didn’t speak much English, and was siting some number when we asked their name.

So I said “te llamas” and they got it.

I should have said “como se llama usted?” but oh well, I was happy that I could help little bit.

In the afternoon, I recognized a patient.

We met and talked briefly at food bank.

They hugged me, and that was really nice.


I finished at 4pm.

Dan came to pick me up.

It was hotter than yesterday.

We went taco truck.

I got tostados.

Watched Mets game.

The sunset hits the big tree and it brights up like fire.

We sit on the porch and there was a deer just walking by.

They are not scared of us.


It will be hot for few days from tomorrow.

It won’t go up like last 2 years.

Though it can happens anytime now.


水曜日。

ちょっと多めに水やりしていたら時間がギリギリになってしまった。

さっと準備して出発。


今日も特に問題なく進んだ。

年配の患者さん、英語があまり通じないことにはじめ気づかなかった。

確認のため、名前を聞いたら、なにか数字を言っているよう。

あ、これは電話番号と勘違いしたのかな、と思ってとっさにスペイン語で“te llamas” 「あなたの名前」と言ったら通じた。

ほんとうは”Como se llama usted?” が丁寧な言い方なのだけど、単語だけでも通じることがうれしい。

でもこれだけでは進められないので、オンラインの通訳システムを使って流れを説明してもらった。


午後の患者さんは見たことがあると思ったら、月一回の食糧配布の時に話したボランティアの方だった。

迷ったけれど聞いてみたら笑顔になってハグしてくれた。


4時過ぎに終わって、迎えにきてくれた夫と帰宅。

昨日よりも暑い。

料理する気にならなくて、タコトラックでブリトーとトスタダス。

メッツの試合を見て、夫の友達と電話したりして過ごす。


夕陽がうちのいちばん大きな木にまっすぐにさすとき、木ぜんたいがオレンジの光に包まれてすごくきれい。

毎日見ていてもびっくりするくらい。

ポーチに座って涼んでいたら、シカがふつうに歩いてきてびっくりした。

おおい、と声をかけたくらいではひるまない。

人間のことは怖くないみたい。


明日からしっかり暑いみたいだけど、

去年やおととしみたいな40度越えはまだないのでちょっとほっとしている。

とはいえ、いつ来てもおかしくないのだけど。

bottom of page