top of page

yuko's diary 6/28/23

Wednesday.

I slept over.

I watered in hurry and left home.

It was so quiet today.

Maybe the most quiet day ever.

I could read a lot.

Even though I had to go back few pages here and there, I got used to her writing.

While the wife was reading a book to her child, her mind goes everywhere.

And after 2 pages, it came back to the book she’s reading and that confused me.

But this happens everyday.

While reading a book, my mind drifts away, all the time.

Also I loved to see the notes by Dan when he was college student.


The MRI machine had to stay cool, so inside is as cold as 64.

When I move a lot, I don’t realize it, but today I felt cold.

And it was hot outside, that made me feel sick.


I was tired, but I made curry and rice.

Dan came home, and it got so hot inside house.

I didn’t feel good and couldn’t eat dinner.

I laid down.


When it got almost dark,

Joe and his friend came to bring huge trailer.

He wants to park here.

I don’t want that, but I was overwhelmed and couldn’t say anything.

Hmm.


水曜日。

うっかり寝坊。6時前に起きて、大事なところだけさっと水やり。

わーっと用意して出かける。

今日はまたとっても静かな日だった。

いままででいちばん暇かも。

おかげで読書がはかどった。

時々、数ページ読み返さないといけなかったけど、だんだん文体にも慣れてきた。

子供に本を読んであげているシーンで、思考がたっぷり入りつつ、2ページ後に、「~と読みました」と戻るから、え?!となる。

でも、実際普段の暮らしの中で、まったく違うことを考えていることってよくある。

こうやって本を読んでいても、気づくと目だけが読んでいたり。

そういう意味でリアルだなと思った。

あと、大学生の夫の書き込みがおもしろい。わからない単語に?がついていたり。

え、そこに線をひくのか~と思ったり。

MRIの機械は低温に保っていないといけないので、なかなかに寒い。

いつもは動いているので気づかないけれど、今日はとっても冷えてしまった。

午後外に出ると、夏のきつい日差しが差していて、溶けるようだった。

うーん、なにか考えないと。


4時前にあがって、コープに寄って歩いて帰る。

あついあつい。

セージは意外と元気。

しばらくした後、道にシカがぽつんといて、

セージを始め3匹が追いかけたけれど、途中でなぜか止まってしまった。

おいおい、がんばれ!と励ますと、ちゃんと走っていって、シカが丘の上に上がるまで見届けていた。

おお、えらいえらい!とたくさんほめて、クッキーを増量。


疲れていたけれどなぜかカレーをつくる。

夫が帰ってきて、いよいよ室内が暑いなぁと思いつつ、のんびりした。

どうもお腹が空かなくて、できあがったカレーは食べられなかった。

横になってやすむ。


薄暗くなったころに、いきなりジョーと友達が、バスみたいな大きなキャンピングカーを運転してきた。

山の上のジョーの家には持っていけないので、使わない時はここに停めたいということらしい。

その時は驚きすぎて反応できなかったけれど、どうも、いやだなという気持ちがある。

さぁ、どうしようかな。

bottom of page