yuko's diary 6/15/21

Woke up 7 am, and went to the garden.

I knew it will be hot soon, so I wanted to make some progress today.

For some reason, I really really love digging. Specially digging rocks out. I don’t know why.

But I couldn’t see the end.

M was coming to fix the prtable water pipe.

Dan and I dag 2 and half feet hole around the pipe, and it was moving, but we decided to wait for him.

I was back to work in the garden.

Toast and eggs for late breakfast/


M came in the afternoon. He dag more than two of us did.

He was professional plumber. He wore short pants, and pair of flip-flaps. He’s so skinny but so powerful.


They went to get some parts and tools, so I kept working on my garden. At that point, I gave up digging the rocks, so I started making the ridges. I ended up making 7 of them.

Today I worked all day in the garden under the sun. But it was not too sunny or too hot, so I was fine.

Some seeds in the sunroom are sprouting.


M finished connecting the new pipe, so we just need to call waterworks guy to open the bulb.


Went M’s house for Tacos Tuesday.

They showed us two books: one was for history of Tonasket, the other one was for the photograpy of Okanogan county taken by this Japanese person. Frank F. Matsura. In 1910s!

Those photos were so beautiful.

Apparently our house was in the area that they built first schoolhouses. So this one was one of them or one of extension.


We slept very well. It was little cold.

7時過ぎに起きてすぐに庭へ。明後日から暑くなるみたいだから、それまでに進めてしまいたかった。

石を掘り起こすのは、なぜか無性に楽しい。永遠に続けられる。

前世はもぐらだったのかもしれない。

でもきりがない。


今日は飲料水のほうの水道をなんとかしようとなって、Mが来る前にふたりで古いパイプのところを掘る。赤い根っこが出てきた、多分もみじ。かわいそうできれなかった(でも後であっさり切ることに)

パイプがぐらぐら動いて外れそうになったところで(1mくらいか)ストップする。

わたしは庭に戻る。

コーヒー、トーストと目玉焼きで遅い朝ごはん。


お昼過ぎにM登場。わたしと夫が掘ったのの倍くらいの量をひとりで掘り進んでた。

わたしはずっと庭にいたので見てなかったけれど、サンダルにハーフパンツで、ガンガン掘るのがすごかったらしい。ものすごく細いのに、ものすごくタフだ。スーパー百姓という感じ。


夫と二人で水道のパーツを買いに行ったり、お昼のサンドイッチを作ったり、また別の道具を調達に行ったりしていたので、わたしはずっと庭の作業。もう石を取り除くのはやめて、畝をつくる。テキトーに作って行ったら、7つできた。

サンルームの苗も少し芽が出てきている。

今日は丸いちにち庭にいたなぁ。曇りで、涼しかったから、そこまでしんどくはならなかった。

最後は、Mがパイプやあれこれをつなげてくれて、これで水道局の人に開けて貰えば出来上がり、のところまで持って行ってくれた。すごー。


今日もMのところでご飯。タコスをいただく。Tonasketの歴史がまとめてある本を見せてもらった。もう一つ、20世紀の始めに、この地域の写真をとって廻っていた、フランク・S・マツウラという日本人(か日系人)の本も。いまいち情報がないのだけど、とてもきれいな写真だ。1910年とかだから、この町ができる直前。ネイティヴの人もたくさん撮っている。

おもしろいな。

うちのあたりは、最初から小学校がいくつか建てられた場所だったみたい。この家そのものは見つからなかったけれど、近くに建てられたものは写真が載っていた。

これは分校みたいな感じだったのかもしれないな。


疲れてすぐ眠った。

今日はひんやりしている。