yuko's diary 5/26/22

Thursday.

Coffee.


Those tomatoes I planted last night look fine.

I prepared to plant the rest of tomatoes.

It seemed small ones are ready too.

I got more alfalfa for mulching.

Gathered them in a big plastic bucket and cut them into pieces while sitting in the shade.


Today, Dan went to visit his doctor.

He was wearing this device to record his heart.

The results are in, and they would tell him.

He had many doctors told him about his heart murmur, so we were not so worried.

But it was still scary.


I stayed home.

Ate leftover miso soup.

Did laundry.

Then I was thinking that I could record my radio program.

But I felt empty.

Usually, I have a thing or two to talk about, but not today.

However, I wanted to share about this feeling.

Dan came home right after I finish recording.

The results was not so serious.

But he is going to do things like exercise in daily life to improve it.


Dan told me there’s the first farmer’s market in town.

So we went there.

Sure, there was not so much produces yet, but something like handmade, jam, flower, seedlings were there.

We went to Tamari guys. Michael and Diego.

Michael told us that if we could go through that winter, we’ll be fine.

They are really nice.

We bought 6 tamales.

Dan ate two at the market.

Back home, I finished the radio.

Then made vegetable soup.

Worked in the garden little more.

Eat soup and tamale.


And had a relaxing night.

木曜日。

コーヒー。


昨日植えたトマトは元気そうでほっとする。

残りのトマトも植える準備を。

あの根っこの様子なら、まだ小さい苗ももう植えても大丈夫そうだ。

アルファルファをマルチにも使うので、またどんどん採ってくる。

大きなプラスチック容器にたくさん摘んで来て、日陰で細かく切った。


今日は夫が病院に行く日。

4月に心臓の音を録音するデバイスを2週間つけていたのだけれど、

その結果と今後の話みたいだ。

心音については今まであちこちの病院に行くたびに指摘があったそう。

なので、あまり心配はしていなかったけれど、でも心臓はちょっと怖い。


わたしはお留守番。

残り物のお味噌汁とごはんを食べて、残りの夏物を漂白する。

ああ、ラジオが録音できるなと思っていたけれど、

なんとも、空っぽなのだった。

いつもきちんと計画してるわけではないけど、

それでも話したいことがいくつかはあるのに、それがない。

迷ったけれど、この、大泣きした後みたいな空っぽさをそのまま出したい気持ちが勝った。

録音が終わった瞬間に夫が帰宅。計ったみたいだった。


検査結果は深刻ではないとのこと。

でも生活の中でいろいろとできることをして改善していく、と。

ほっとする。

今年初のファーマーズ・マーケット、今日らしいよ、と夫が教えてくれて、でかけた。

まだそんなに野菜はないものの、苗や、手作りのものなどいろいろ出ていてにぎわっていた。

いつものヒスパニック系親子、マイケルとディエゴのところへ。

ふたりはいつもフレンドリー。目をまっすぐ見て話してくれる。

「あの冬を越せたね!なら、もうだいじょうぶ!」と言ってくれた。

あと、今年の春はやっぱりいつもより寒かったらしい。

タマリを6つ買う。

とうもろこし粉でできたチマキみたいなもので、皮に包んで蒸したもの。

ほくほくしていて大好き。

夫がお腹が空いていたのでそこで座って少し食べて、もうすこしいろいろ見てから帰宅。

ヒスパニック系の家族が多かったような?テキサスのことをどうしても考えてしまう。


ラジオの仕上げをしたりした後、

つくろうと思っていた野菜のスープをつくる。

お庭でもう少し作業してから、スープとタマリを食べた。


あとはもうのんびり。