yuko's diary 5/12/21

Woke up 7, it's a beautiful sunny day.

One of homepages I've been working on was published,

so I was happy to introduce it.


Then I did exercise, took hot bath, started packing for the travel.

Well, I am not really packing yet, but wanted to see how much I have to put into the container.


I was talking to this person on Twitter about Wishma,

how we have to talk about her as a person rather than a victim.

We should've fixed this problem before we've lost any of them.

It's important to remember that even if it's always after the tragedy, that tragedy shouldn't have happened.

When we demand the justice, we tend to talk how terrible the situation was,

we tend to dramatize the victims, but no.

They were there, living just as we do.

Never forget that. It's reminder to myself, too.


We have to throw the couch tonight. Oops.


7時に起きた。

すっごい快晴の日。

このひと月くらいつくっていたホームページのひとつが完成&公開されたので、

シェアする。

うれしいひととき。


それからエクササイズして、半身浴。

ロードトリップに向けて荷造り、と言うか、どのくらい入るのか見るために。

まだ実際にパッキングするには少し早いけれど、コンテナが先に出るので。

服もだいぶ減らしたけど、靴をどうしようかな。

コンテナが向こうについて開けられるのはいつになるのかなぁ。

キャンプに行くつもりで荷造りしよう。


Twitterの英語の方で話しかけられた人との会話が興味深かった。

ウィシュマさんのことを、単に犠牲者として見ないこと。

だいたい、誰かが犠牲になる前に変えるべきだった・

なにか悲劇的なことが起こって、そのことがどれだけひどいかを訴える、と言う形になることが多いけれど、

そしてそれはなかなか避け難いことなのかもしれないけれど、

それでもまだ、彼らはわたしたちと同じように、ただ、人生を生きていただけ、ということを忘れないようにしたい。

じぶんにも言い聞かせた。


今晩カウチを捨てないと、と夫。

わー、大仕事だな。


夜ご飯は餃子丼かな〜。