top of page

yuko's diary 4/5/23

Wednesday. Work day.

Dan drove me to work.


Today we were three women team.

There were several changes, but went smoothly most of time.

A patient had positive results of COVID, and had to postponed.

I wore mask toady, too.

Many of stuff were not wearing it, but I’m not sure about ER, and other area.

A patient who is claustrophobic went through without problem, and told us that

“since you guys told me clearly, it was the easiest one I ever had.”

I think majority of the anxiety of going to hospital is not knowing what is happening.

We tell them how long it takes, what will happens next, and for claustrophobic people, we explain more closely.

And it works.


I started new book: Fresh Banana Leaves by Jessica Hernadez. PhD.

I found this book on podcast by Jonathan Van Ness.

Since moved here, I am interested in Indigenous Peoples and cultures.

This book is about Jessica’s family, I think, and it’s not only in US.

The situation is really different in Central America.

So is in Japan.

I was thinking about Indigenous people in Japan, as well as Asian countries where Japan tried to colonize.


I left 4pm, and walked home.

Dan followed my path and found me.

On the way home, I found sign written on the sidewalk with chalk.

Trans Rights

My body my choice

Love is love

I was very happy to find them. It means much more than seeing those words in NY.

Before I left work, I saw three kids with skate boards walking around, maybe authors.

I love that someone wrote “Rigts” and other corrects it by adding H.


Back home, I walk around the garden.

It was sunny but windy and cold.

I made fire.

Saige wasn’t out either.


We both were tired and had to rest first.

Then Dan made ramen.

We went to bed early, but woke up and stayed up late.



水曜日、今日もお仕事。

夫が送ってくれた。


今日はロビンとジョリーと女性3人組。

変更はいろいろとあったものの、スムースに進んで行った。

コロナ陽性でキャンセルの件も。

今日もなんとなくマスクはつけておく。

他の人はだいたい外しているけど、入院病棟やERの方はまた別かも。

閉所恐怖症の女性が、問題なく終えた後、

「あなたたちがクリアに説明してくれたから、今までで一番怖い思いをせずにできました」と言ってくれた。

病院に行く時の、あの不安の大きな原因は、なにが起こるのか把握できないことと、自分ではコントロールできないことだと思う。

○分くらいこれをして、その後こうなります、とか、チューブの中に入りますが、頭は外に出ていますよ、とか事前に伝えることがかなり不安を和らげるのは何回か目にした。


新しい本を読む。

ジョナサン・ヴァン・ネスのラジオにでていた、インディジネス・サイエンシストのDr. Jessica Hernandezの本。

中南米の原住民の人たちの立場は、アメリカとはまた違う。

開拓民、コロニアルリズム。

日本ではどうか、と思いながら読む。

どこも、ひとことで語れない事情が入り組んでいる。

タイトルがとてもいい。Fresh Banana Leaves。


4時に上がって、歩いて帰っていたら、今日も夫が途中まで迎えにきてくれた。

わたしの帰り道をなぞって見つけてくれたらしい。

そうだ、帰り道の歩道の上にチョークで落書きがあった。

Trans Rights (トランスジェンダーの人たちの権利保護を訴える)

My body my choice (わたしの体のことははわたしが決める、中絶に関する権利)

Love is love (どんな形でも、愛。セクシャルマイノリティーの権利)

この小さな町でこれらのリベラルな言葉を見るのは、NYで見るのと重みが違う。

すぐ消えるチョークであっても。

仕事場から外を見ていた時、スケートボードを小脇に抱えた若者3人が歩いていて、半袖かよ、元気だなと見ていたので多分彼らが書いたのだと思う。

ちょっとスペルミスをしていて、別の色で誰かが訂正していたのがかわいかった。

帰ったら外に出て、お庭を見て回る。

サンハウスの苗もチェック。

太陽は出ているけれど、風がつよくて寒い。

薪ストーブに火を入れた。

セージも家から出してもらえないみたいだった。


ふたりとも疲れていて、とりあえずだらだらした。

それから夫がラーメンを作ってくれた。

コーンを入れてくれたのがうれしかった。


夜1回寝たのに起きて遅くなってしまった。

Comments


bottom of page