yuko's diary 4/28/22

A bird woke me up again.

I didn’t sleep well.

Coffee.


Watering, and took care of seedlings.

Asparagus are finally sprouting.

So thin, but growing fast.

But it will take five years until harvesting good ones.

Maybe I will plant with strawberries.


I thought everything was blooming while we were away,

but it’s just because I was’t watching them grow.

Anyway, the new leaves are so beautiful.

Soft, frail, like new born animal baby.

I had sandwiches Dan made.

And took some rest.

I read the book about people who lives in Japan and having various roots.

It made me cry so hard, I had to stop reading.


Saige the neighbor dog came to visit.

She won’t bark at us anymore.


I planted the first set of celery.

Celery is biannual which means their life cycle is 2 years.

So, I can harvest twice? hmm.

Before it got dark, I saw a big things moving in the neighbor’s yard.

It was a deer!

We haven’t seen them for a long while.

It wasn’t big, maybe a young female or even child.

It slowly came closer to our place, so I tried to scare but didn’t work.

Dan also tried many things but it didn’t really care about us.

Maybe deer’s eyesight is really poor?

I don’t know...

今日も小鳥に起こされる。すずめかな?

なんだか寝不足。コーヒー。


水やりをしてから苗のお世話。

ようやく芽が出たアスパラガス、すごい細いけれど勢いよく伸びている。

でもここから本格的に採れるようになるまで5年かかるらしい。

うーん。どこに植えようかなぁ。

同じく多年草のイチゴとは相性がいいみたいだから、いっしょに植えるのもいいな。

不在にしているうちに、一気に芽吹いたような気がしていたけれど、

それは単に時間が開いたからかも。

どちらにしても新芽はきれいだ。

柔らかくてたよりなくて、生まれたての動物みたい。

お昼夫のつくってくれたサンドイッチを食べてすこし休む。

安田菜津紀さんの『あなたのルーツを教えて下さい』を読んだら涙が止まらない。

川崎市の章は途中で止めないとだめだった。


お隣の犬、セージが遊びにきたのであいさつしにいく。

この子はもうわたしたちには吠えない。


夕方、セロリの第一弾を植えた。

セロリはbiannual、つまり2年でひとつのサイクル。

同じ株で2回収穫できる?

実はタマネギもbiannualなのだけれど、

うーん、このあたりがまだよくわからない。


暗くなる直前、台所から外を見ると大きなものが動いている。

うわっと思ったらシカだった。

小ぶりのメスか、大人になる前の子供?

痩せていて、隣の空き地で草を必死に食べていた。

すこしずつうちに近づいてきたので、いちおう外にでてみるけど、

ぜんっぜん動じない。

近くの金属に石を当てて音を出してみても、顔をあげるだけ。

その後夫が試してみたけれど、こちらも同じだった。

もしかして、シカは目が悪いのだろうか。

あきらめて放って置いたら、丘の方へ消えていった。