yuko's diary 4/15/22

Dan’s phone was ringing when we just started moving.

They came to open the irrigation water.

I was so excited and ran outside, and started watering my garden.

The pressure was weak, and i couldn't reach the end of the garden.


Dan called them, and they said they would come back.

Coffee.

Then I did laundry.

Both by machine and hands.

I washed some of my sweaters.

Then I dried them on the clothes line outside.

It felt so good.

When I went outside to check my plants,

I found flood around the irrigation water.

It was like a huge pool, I thought I was dreaming for a second.

The water was running from a pipe which was next to us.

We tried everything but couldn't figure out, so just shut the bulb off.


They came to fix it later and it was quick.

They didn’t fix the pressure, but it’s better than no water.


Dan was working on a book shelf in the mobile home.

I was already tired, organized the laundry and stuff.

Then finished editing the new video.


Dan made pasta for dinner.

I was almost sleeping by then.

But I was wide awake in the middle of the night.

We could see the full moon through our high window in the bedroom.

朝起きてぼうっとしている時に、夫の電話が鳴る。

灌水(畑用の水)を開けに来てくれたのだった。

うれしくって飛び起きる。

さっそく水やり。

でもどうも水圧が弱くて、端から端まで届かない。

うーん。


夫が電話してくれて、係の人が見に来てくれるのを待つ。

コーヒー。

それから洗濯。

セーターも手洗いし、外に干す。

街で売っている洗濯バサミがすぐに壊れそうな木製のものしか見当たらず、

結局、オンラインでステンレスワイヤーのものを購入。

これでやっと外に干せる。


お庭の様子を見に外に出たら、

灌水の蛇口のところが、一面水浸しになっていた。

なんというか、水溜りの深くて巨大なものができていて、一瞬ぽかんとする。

うちのものではない、大きなパイプから、水がジャンジャン出ている。

夫を呼んでいろいろしてみるものの、なんともならず、元栓をしめて、係の人が来るのを待つ。


しばらくして来てくれたひとに事情を説明して、直してもらって、いちおう落着。

水圧は弱いままだけれど、ないよりましだ。


夫はモバイルホームの方に本棚を作るべくいろいろしていた。

わたしは水やりで疲れたので、後は洗濯物を片付けたり、

昨日の動画を仕上げたりしていた。


夜は夫が作ってくれたパスタを食べるともう眠い。

目が開かない感じだった。

でも反動で夜中に起きてしまう。

寝室の細い窓から満月が見えていた。