top of page

yuko's diary 3/15/23

I walked to work.

It was still cold.

Today was slowest day in a while.

I could read a lot.

I believe that I read this story in Japanese long time ago,

but I don’t remember much.

It’s full of complicated feelings and many small interaction of each other.

I am also person who notices every little thing, but this book shows there are so many of them, all the time.

It might be because of the character’s age, I can feel their anxiety of being teenagers.


Speaking of teenager, we had a patient who is 18, and 6”5.

It’s almost 2 meters..

I wonder how the world look from up there.

We finished early, but as it was too early, we stayed for while.

I left before 4.

Walking home, the sun was very nice.

Dan came to pick me up on the way.


Back home, and we went to pick up groceries at Betty’s house.

She and her husband organize this dropping off.

She was working in the garden when we arrived.

Very kind people.


We made dinner together.

Dan made kale and rice, and I made dumplings.

Simple, but good dinner.

While cooking, Dan burned kitchen towel.

This electric stove has kinda confusing sign to indicate which switch is for which stove top.

He turned the wrong one.

It smelled bad so we opened all window.

For like 20 minutes, and that was enough to cool the house down.

After dinner, we had to cover ourself in bed.

That made Dan sleep.

I mean, he sleeps early, but today was different.

He was really sleeping.


I couldn’t sleep, and so did some stretching.


水曜日。

今日は歩いて出勤。

やっぱり朝のうちはしっかり寒い。


ここ最近でいちばん患者さんの少ない日だった。

読書が捗る。

それにしても、ぜんぜん覚えていない。

ほんとうに読んだのだっけ。でも文庫本の表紙がとても印象に残っているからたぶん読んだと思う。

いろんな細かい気持ちの説明があり、会話の中でこんなにたくさんのことをやりとりしているんだなって改めて気づく。

わたしもどちらかというとささいなことに気づく方なので、こんなに言語化されると、

安心のような、気疲れするような気持ち。

10代特有の不安さも、もちろんあるだろうけれど。


10代といえば、18歳の患者さんは6フィート5インチだった。あと2インチで2メートル。

すごいな、どんな視界でものを見ているんだろう。

家族の中で一人だけ背が高いらしい。

早めに終わったけれど、緊急でMRIの追加がある場合もあるので、しばし待機。

いちおう、5時近くまではこの場所にいることになっている。

今日も外は気持ちの良い天気。

4時前にわたしは帰ることにした。

夫がまた途中まで迎えにきてくれる。

一旦帰宅し、着替えて、今日は食料品の受け取りの日。

まとめ役のベティの家に取りにいくと、お庭仕事をしていた。

冷凍のもの、冷蔵のものを分けて保管してくれていた。

お礼を言って帰宅。


今日は一緒に料理。

夫がごはんを炊いてケールを炒め、わたしがギョウザを焼いた。

シンプルでおいしい。

料理中に、夫が電気コンロの上に置いた布巾を焦がしてしまう。

このコンロのスイッチがとてもややこしくて、間違えて別のスイッチを入れていたのだった。

けっこう煙も出たので、すべての窓を開けてしばし換気。

その間20分もなかったと思うけれどぐっと家の中が冷えてしまった。

それで夫と一緒におふとんにくるまって暖まり、ゆたんぽも追加。

そのまま夫は寝てしまった。まだ7時ごろ。

早めに寝てしまうことはよくあるけれど、今日のはほんとうに疲れているようだった。

わたしは眠れず、しばしストレッチなど。

Kommentare


bottom of page