top of page

yuko's diary 3/11/23

Saturday.

I woke up slowly.

Coffee.


It was chilly in the morning.

I sow some herb seeds here and there.

Then I dug up compost from last summer.

Almost everything was melted.

Only corn, avocado pits, egg shells were remained and so I can tell where it was.

I put the compost over shallots and garlic patch.

Then I dug new compost hole.

It was hard.

I had to stop after while.


Dan went to get groceries and made us bacon sandwich.

We haven't bought any meat for a while.

I was just thinking about that.

He added my ketchup and apple slice instead tomato, and it was really good.

He also made salad.

I continued digging the hole.

Sage came and sit by me.

I had to stop before I could make second hole.


We had a great nap from 3pm.

Dan also made ramen.

I received a photo book about a Japanese photographer who came here 100 years ago.

And also other book which I wanted to buy for long time.

I also received onion sets.

We watched English movie “Luther”

It was good one, but i felt somehow the dark side of their culture.

I cannot say how, but it feels really different from American.

It was violent almost like not necessarily.

I want to watch Oscar only if “Everything Everywhere All at Once” and Michelle Yoeh will win.

If not, I don’t want to watch it.



土曜日。

のんびり起きる。

コーヒー。

午前中はしっかり寒い。

まずハーブの種をあちこちに撒いた。

それから、コンポストを掘り返す。

あれ、ここだったっけ?とわからなくなるくらいもう食べ物の形は消えている。

トウモロコシの芯、アボカドの種、ムギ、卵の殻なんかが残っているので、

たしかにこれだとわかるのだけれど。

それをニンニクとシャロットのところに運んで上からかける。


それから新しいコンポストの穴を掘っていく。

これがけっこうな作業だった。

ひとつ完成したところでいったん休憩。


夫が買い出しに行って、ベーコンサンドイッチを作ってくれた。

しばらくお肉を買っていなかったので、ふたりともお肉が食べたい!となった。

カリカリのベーコン入りBLTだけど、トマトがなかったので、

自家製ケチャップとリンゴが代わりに入っていた。

おいしい。

サラダ付き。

午後もどんどん穴を掘る。

セージが出て来て、わたしが作業している横で寝そべっていた。

かわいい。

さすがに疲れたのでもう終了。

今日は午後だいぶ暖かくなって、春の空気が近づいているなぁと感じた。

3時ごろからしっかりお昼寝。

夕食は夫がつくってくれたラーメン。

郵便箱に、日本からの本が届いていた。

100年前の写真家、フランク・マツーラの本と、ずっと読みたかった安田浩一さんと金井真紀さんの共著。

読む本がたくさんあるのはうれしい。

郵便箱にはタマネギの球根も入っていたので明日植えよう。


夜、イギリスのアクション?映画を見る。

イドリス・エルバとシンシア・エリヴォがかっこいい。

でも悪役がとてもダークで、なんていうか、闇の暗さが、意外な方向だった。

暴力的なシーンも多い。

うまく言えないけど、アメリカ映画とすこし違う。

もちろんアメリカの映画も闇も暴力もふんだんにあるので、量じゃなくて質の違いかもしれない。


明日はアカデミー賞。

いつもは気にしないけれど、今回は『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が受賞するなら見たいし、受賞しないなら見たくない。

ミシェル・ヨーも同じ。受賞しますように。


bottom of page