top of page

yuko's diary 12/7/23

Thursday.

I packed thermos, and we left home 7:30.

It was still dark and foggy.

Everyone was driving slow, there was a traffic we never seen before.


After one hour or so, the sun beginning to come out.

And it was magnificent view.

Where Okanogan river meets Columbia river, the mountains are very different.

Dan was scared driving by water, but I felt good.


We stopped to by pastry and ate on the way.

I had quiche and Dan had ham and cheese croissant.

We arrived there after 2 hours and half.


They are much bigger than our hospital, they have radiology’s own reception.

Two more people helped besides doctor, and all of them were so nice.

I told them that I saw a 6-year-old did good job yesterday, so can I.

It all went well, I was out in 40 minutes.


We went to our favorite antique store.

I got lots of old handkerchief and napkins.

Dan got two books.


Then we had pastry again at a cute place.

The pastry I got was really really good, maybe the best in US yet.

Dan had ham and cheese croissant again, and he says this one is better.


It was 1 pm, and we went to home.

I had light pain, so I took pill and laying down.

I only could see the mountain and it was fun.

Those mountains are rocky with volcanic rocks, and really different from what we have up north.


We arrived home 3:30.

Saige came running.

It’s been a while.

She was happy to see us.

One cookie.


I put ice, and got hot water bag and tea.

And laid down on bed.

I spent rest of the day like that.


I ate the leftover quiche and Dan made ham sandwich.

He really really likes ham.



木曜日。

魔法瓶にコーヒーを詰めて、7時半に出発。

まだ薄暗く、霧が出ていて、隣町までの間はゆっくり進む。

通勤の車が多く、珍しく混んでいた。

みんな慎重に運転しているのだと思う。


1時間ほど走ると、雲の間から太陽が出てきて、なんとも荘厳な景色に。

オカノガン川はコロンビア川に繋がる。

そこから一気に大きく、ダムもいくつかある川になる。

夫は水のすぐそばを走るのはちょっとヒヤヒヤすると言っていたけれど、わたしは気持ちよかった。


途中でペイストリーを買って走りながら食べる。

わたしは大きめのキッシュを半分。夫はハムとチーズが入ったクロワッサン。

2時間半ほどで目的地へ到着。


夫の検査で数年前に来たことのある病院。

放射線科だけの受付があって、うちの病院との違いったらすごい。


検査中は医師以外に2人もついてくれて、みんなとてもやさしかったしたくさん褒めてくれた。

昨日6歳の男の子ががんばっていたから、わたしもできるなと思って、と話す。

思ったよりもスムーズに進んで、40分ほどで終了。


夫と合流して、この街に来ると必ず行くアンティークショップへ。

ここで古い布やハンカチを買うのがわたしの楽しみ。

夫は本を2冊。


近くのベーカリーで軽食。

わたしのは硬めのパンにクリームチーズが入っていてゴマがかかったもの。

これがかなりおいしかった。アメリカで食べたペイストリーで1番と言ってもいいほど。

夫はまたハムとチーズ入りのクロワッサン。これもおいしかったらしい。


この時点で1時くらい。

そのまままっすぐ帰ることにした。

明るいうちに帰れそうでホッとする。

施術あとに少し痛みが出てきたので、車の椅子を倒して横になる。

そうすると山だけが見えてさらにおもしろかった。

わたしたちの住んでいるところの山は、低い場所になだらかな部分があって、そこはフラットと呼ばれている。日本では見たことのない、子供が描く山のような柔らかい形。

これは多分海の底だったんじゃないかと思う。

南に行くと今度は溶岩の名残みたいなギザギザの岩がたくさん。

ワシントン州は活火山がいくつかあるので、場所によって全然違っていて面白い。


3時半ごろ帰宅。

セージが走ってきた。

ちょっとひさしぶりだねぇ。たくさん撫でた。

わたしの足に体重をかけるようにしてひっついてくる。

でもクッキーをあげたらすぐに帰っていった。あはは。


傷跡を冷やして、足元には湯たんぽ。

お茶を入れてもらって万全の体制で横になる。

残りはそうやってたくさん休んだ。


夜は残りのキッシュ。

夫はハムサンドイッチを作って食べていた。ハムが好きすぎておもしろい。

bottom of page