yuko's diary 12/31/21

NYE!

We woke up slowly and had coffee and bagels.


There’s nothing special tradition for us,

so I was darning, and Dan was finishing chili.


We went for a walk/run.

It is much harder to run over the soft snow than sand on beach.


Here, people don’t really care about new year,

and now I have 17 hours differences from Japan.

I felt weird.

But I like the feeling of new start.

Even though there’re so many things unfinished and bad,

we make a line and do it again.

Just like open a new notebook.


I took photos of the last sunset of 2021.


Dan was talking to his friends over the phone.

I took shower.

We had chili and rice for dinner.

Although we knew we won’t make it to the midnight,

we dressed up.

At the moment of passing through new year,

we were cuddling in the bed.


When I looked back 2021 on Instagram,

we were on the beach on new year’s day 2021.

I said “we’re going to beach 50 times!”

This means that there was no actual plan of moving at this point.

This place is like being on the beach.

We can be alone, quiet, clear air, and no one bother us.

おおみそか。

ゆっくり起きて、コーヒーとベーグル。


特別なことはなにもしないので、今日も繕いもの。

夫は昨日から仕込んでいたチリを仕上げていた。


今日も走りに。

雪の積もっているところは、ビーチで砂のうえを走るよりもしんどい。

年越しにあまり重きをおかないアメリカと、

日本から17時間もずれたことで、

さらにへんな気分になる。

でもいろんなことがあっても、一本線を引いて、また改めてというのは好きだ。

忘れるわけじゃない、ただ気持ちを新しくするだけ。


日が沈むところを写真にとった。


夫はともだち二人に電話していたので先にシャワーを浴びた。

夜ご飯はチリを白ごはんにかけたもの。おいしい。

いちおう着替えたものの、カウントダウンまで起きてられないだろうなと思ったけれど案の定だった。

年越しの瞬間わたしは起きていて、ぐっすり寝ている夫にひっついていた。


インスタグラムを見返していたら、去年の元旦はビーチにいて、今年は50回はビーチにいくぞ、と思っていたらしい。

つまり移住の話はまだなかった。

ここはある意味ビーチとおなじだ。

静かで、誰もいなくて、ふたりきりで、空気がきれいなところ。