yuko's diary 12/25/20

Christmas!

For some reason, we woke up 4 am, and cleaned the kitchen,

hanged out, then went back to bed.


Then woke up 9 or so, made coffee, and started cooking slowly.

It was a strangely warm Christmas morning.

We listened to the music.


Took shower and then we opened the gifts.

Most of them were his gifts to me as I did not do the holiday shopping this year.

He got me flannel shirt and a hoodie from Filson which I got his belt and wallet for his birthdays.

And a book of Susan Sontag!

Hangers, gloves for running, a pair of stretch pants. Notebooks from Muji.

Wow.

I think this is the first time he got me any gift as surprise in last several years.

Usually he took me to the store and let me choose some.

Because he doesn't like shopping, and I understand that.

So I knew he had spent a lot time of thinking about me, and that meant to me a lot.

My only gift was an ornament I made, but I will give him a clown every Christmas from now on.

Just like his mom did.


We cooked turkey, cranberry sauce, mashed potatoes, Brussel sprouts, gravy sauce, and some cheese and pickles.

As always, cooking took several hours but not eating.

And calling family, texting friends, etc.

The first Christmas at home was very relaxing and lots of fun.




クリスマス!

なぜか朝方2人とも起きて、掃除したり遊んでからまた寝た。

次に起きたら9時くらい?

コーヒー入れてゆっくり料理を始める。

曇り時々雨、気温が一気に下がる。気圧がおかしくて少し頭痛。


まずクランベリーソースとマッシュポテトから。

その後交代でシャワーを浴びて、今度は夫がターキーと芽キャベツを作る。

アメリカのクリスマスはあまり決まった料理がないみたいだ。

ほとんどサンクスギビングと同じメニュー。

クリスマスソングを聴きながら、遊びながらつくる。


途中でギフトを開ける。

夫はたくさんプレゼントを用意してくれていた。

贈り物がとても苦手な人なので、サプライズでもらうのはつき合っていたころ以来初めてでびっくりしている。

いつもは、例えば一緒に買い物に行って、わたしが選んだものを買ってくれる、とかだった。


冬のランニング用の手袋、木のハンガー、スーザン・ソンタグの本(フェミニストなら必読、らしい)、無印のノートセット、ジーンズの形のスパッツ、それとFilsonというブランドのシャツとパーカー。

このブランドはわたしが夫の財布とベルトを買った、老舗のアウトドア系ブランドでふたりとも気に入っているところ。

ひとつずつ、開けていくのは楽しかった。

ひとつずつ、すごく迷って考えてくれたんだなと思うとじんとする。

サイズはどれもぴったりだった。


わたしからは、手作りのクラウン(ピエロ)のオーナメントだけ。

義母から引き継いで、今年から毎年クラウンをあげることにする。


今年のクリスマスはいろいろ考えたけれど、

結局は、誰かのことを思って贈り物をするのは好き。

それが買ったものでもつくったものでも。

ただ、流れに乗せられたまま、義務感からやるのは嫌い、ということなんだと思う。

じぶんで決めてやるなら楽しくできる。


何時間もかけてつくってもあっさり食べてしまった。

夫の妹と電話したり、友達にテキストしたり。

旅行中じゃない初めてのクリスマスは

ゆるゆるとしたいいクリスマスになりました。



contact.jpg