top of page

yuko's diary 12/14/23

Thursday.

I was off today.

He left his glasses and I called him.

He has great eye sights but since he made his first ever glasses, he loves driving with them.


I did laundry, and cleaned the room.

Then I took bath.

From today, I am allowed to take bath, but tried not to submerge the area.


Then I worked things I wanted to do.

It felt good.


I got a package I was waiting.

Very humble gift to Dan.

It’s all practical things.

I packed them with craft paper, and put them under the tree.


I gathered all extra brunches from the tree, and put them in a bucket and put water in it.

I will soak them for one night.

Saige was crying over there, but not coming here.

Maybe she is tied.


Pat from post office told me this winter is more like normal winter here.

Last two years were crazy. Oh I see.


I made rice, miso soup.

Then I was thinking about green when Dan came home with salad. Perfect.


Saige also came.

She looked happy to be free.


I cooked chicken with lots of garlic and salt.

Hmmm, yummy.


We were cuddling on the bed, I don’t remember when, but I fell asleep.

Next time I woke up was mid night.



木曜日。

お休みの日。

夫を送り出した、と思ったらメガネを忘れている。

すぐ電話、とりに戻ってきた。

ここまでずっと視力の良い夫、先日メガネを作ったら運転の時の視界の良さに気づいたらしい。


洗濯機を回して、部屋の掃除。

お風呂に入る。

今日からお風呂OKなのだけど、一応患部はつけないようにする。


その後はもろもろ気になっていたものの手続きなど。

こういうのが片付くとスッキリする。


待っていた荷物も届く。

ささやかなプレゼント。どうささやかかというと、日常品ばかりなのだ。

毎日使う靴下や肌着なんかも家族同士で贈りあうところはすごく好き。

でも結局華やかなものよりうれしかったりする。

緩衝材として入っていたクラフト紙を使ってそれなりに包んだ。

ツリーの下に置く。


ツリーからカットした枝を集めて、バケツに入れ、水を張っておく。

ひと晩漬けてからリースにするつもり。

セージが向こうで吠えている。おいで~と言ってもこない。

キューンと鳴いているので、繋がれているみたいだった。散歩前かな。


郵便局のパットと立ち話をしていたら、去年と一昨年が異常だったので、これくらいの降雪量の方が普通、とのこと。なるほど。


ご飯を炊いてお味噌汁を作る。

お野菜はどうしようかなーと思っていたら、夫がサラダを持って帰ってきてくれて完璧だった。

5時ごろ、解凍しておいた鶏ももをニンニクと塩たっぷりで焼く。

シンプルなのが一番おいしい。


夫が帰宅した時にはセージも走ってきた。

放してもらえてよかったね。


夜、お布団の上で一緒にゴロゴロしていて、気づいたら眠っていてびっくりした。

真夜中に起きて着替えてからもう一度眠る。


bottom of page