yuko's diary 11/4/22

Friday. Dan is off work.

The snow was not much, it turned to rain and melt soon.

I woke up around 8. Coffee.

Dan woke up and tried to call tire place, but got no answer.

So he decided to just go there.

And they told him to pick up tire immediately since they were ahead of schedule.

While they were working on Dan’s car, they answered phones and told people to come back on Monday.

Phew, we got lucky.

While he was gone, I worked on my pieces.

Dan came home and made ham sandwiches.

Then we apply for Medicare.

As we got jobs now, it will be different, but it is what it is.


We made the first fire of the year.

I love our stove.

It warms up whole room.


So, we finished our to-do lists of this weekend,

and went out to Iron Grill.

I got clam chowder, and Dan had his favorite burger.

We went to the knit shop in front of the restaurant and I got needle.

Back home, Dan took nap.

I started knitting socks for my brother’s baby.

I don’t know the size, but it will be fine.


No dinner. Chips and guacamole.

We watched “Enola Holmes 2”

She looks like my friend, and when she shouted “AH!” it was just like her.

We laughed so hard.

Then Dan picked “THX 1138”

OMG, it was crazy.

I cannot believe they made this movie in 1971.

You can see all the dystopian movie was influenced by this one.

Two good movies, good weekend.

金曜日、夫はやすみ。

雪はうっすら積もったくらいで、雨にかわっていたのですぐ溶けそう。

8時過ぎに起きて、コーヒー。

夫も起きてきて、スノータイヤに履き替えるため、町で唯一のタイヤ屋さんに電話していたけれどつながらない。

とにかく行ってみることにしたら、予約でいっぱいだけれど、今なら替えられるから、急いでタイヤとってきて、と言われたそう。

待っている間、どんどん予約を断っているのを見たと言っていた。ぎりぎりセーフ。


わたしはその間に、昨日つくった作品の仕上げ。

途中で夫が帰宅し、ハムエッグサンドをつくってくれた。

それから、来年の健康保険の申込み。

いわゆるオバマケア、現在はメディケアと呼ばれるもの。

収入や条件によって価格が変わる。

去年は収入ゼロだったから保険もほぼ無料だったけれど、今年はまた変わりそう。


薪ストーブに初めて火を入れた。

あたたかいな~。

うちは途中で足さないスタイルなのだけれど、消えた後もじんわりあたたかい。

さぁ、週末のやることリストはこれでクリアできたので、

お昼を外で食べることにした。

いつものレストランへ。

わたしはクラムチャウダーをバゲットに入れたものを、夫はいつものバーガー。

帰りに向かいの毛糸屋さんで編み棒を購入。

ゆっくりしたあと、小さな靴下を編み始める。

赤ちゃんの靴下ってどれくらいかな、よくわからない。伸びるけど。

まぁ、1回でも履いてくれたらうれしいな、くらいの気持ちで編む。


夜ごはんはパス。

チップスとワカモレをつまむ。

配信されたばかりの“Enola Holms 2”を見る。

フェミニズム的な視点がたっぷりで、あと主人公が友達に似ていてとても楽しかった。

驚いたときや喜んだ時にあげるAH! という声がとくに似ている。あはは。


それから、ジョージ・ルーカスのデビュー映画、“THX 1138”を見る。

なんだこれ、いわゆるディストピア映画の元祖ってこれじゃないのかな。

ロボット警察に支配された地下世界で、ドラッグで麻痺させられ働かされている人間たち。

自然な生殖も禁止されていて、でもテレビと宗教は与えられている、って。すごいメタファだった。ロボット化したキリストが、もっと買えと言ってくる。ひえー。

夫と、え、1971年だよね?と言いながら見た。

逃げる主人公を追うのを止める理由が、コストが利益を上回りすぎ、だったのが妙におもしろかった。


2本もいい映画を見て、よい週末だ。