yuko's diary 10/6/22

Thursday.

Coffee.

Someone asked me to trade zines, so I sent to New Zealand.


A young man came to ask if I saw a black big dog,

it escaped while walking nearby the creek.

He left his phone number.

The dog’s name is Blues.


I was trying to find him while watering the garden.

But non of neighbors dog is barking, so it is unlikely still around here.

I potted up rest of California Wonder peppers.

Then I worked on the ceramics.

Around 3:30, I ate bagel quickly and left for farmer’s market.

It was much quieter than usual.

Everyone there was talking about the Barter fair next weekend.

The same hippies’ festival we went in the summer, but this time is much bigger.


I went to supermarket and co-op too.

I only bought things I can carry.


On the way home, Debbie stopped me asking if I want a dryer.

Her friend is selling, and she wants it, but she thought I need it.

Because I always dry things outside.

That’s so nice of her.


I took practice test, failed.

Worked on my postcard piece.

Dan came home after dark.

We had tamales together.

It is four days weekend for Dan.


We hang out and tried to stay up late, but we couldn’t.

Hope Blues went home.

木曜日。

コーヒー。

zineを交換しようとお誘いいただいて、ニュージーランドに送る。

遠いな~。


ノックされて出ると、若い男性が。黒い犬を見なかったか、と。

散歩の途中で逃げたみたい。

近所の犬たちは小川によくいるよ、と言いながら見に行ったけれどいなさそう。

電話番号を置いて帰った。

犬の名前はブルース。

なんとなく気にしながら水やり。

でも近所の犬が静かということはここにはいないだろうなと思う。

昨日と同じ、カリフォルニア・ワンダー・ペッパーを鉢上げ。


それから土を触って、3時半ごろに慌ててベーグルをかじってからファーマーズマーケットへ。

すっかり人出が落ち着いていた。

いつもより1時間違うだけでこんな感じなのか~。

来週末の大きなフェア、通称バーターフェアの話をみんなしていた。

春に行ったヒッピーの祭典、秋が本番らしい。


帰り道にスーパーとコープにも寄る。

でもあんまり持てないから、必要最小限のものだけ。


デビーが声をかけてくれて、乾燥機を売りたい友達がいて買おうかなと重っているけれど、いる?と。

わたしが夏の間外に干しているから、乾燥機無いんだと思ったみたい。

じぶんが欲しいのに先に声をかけてくれるなんてやさしいな。


それからまた模擬試験をして、ポストカードの作品をつくって。

日が暮れてから夫帰宅。

今日は仕事終わりに他の町に用事で行っていた。

いっしょにタマレを食べる。

明日から4連休だそう。うれしそう。


いろいろおしゃべりして、夜更かししようとしたけれど、やっぱり起きていられなかった。

ブルースは家に帰れたのかな。