yuko's diary 10/6/20

Woke up at, 7:20? when Dan left for work. I felt little better. Took care of groceries, and clean the kitchen.

Still little weak. I told myself to take it easy.


Dan asked me to marry him three times over the weekend. It's funny how he has been changed. He also apologized for something he did five years ago! "I would leave you if it happens now" I told him.

He said "it's because you read a lot of feminism books."

It's yes and no. I needed more than feminism, lots of things.

Now I know I deserve a true love, but back then, I was lost and broken.

Now I feel anyone who can marry to me is the luckiest person on the Earth.

And he is the one who helped to build this me, so I am forever thankful for that.


Sent several emails for work. Did laundry.

I couldn't really eat anything, so made miso soup and had some.


I received many letters! Yay.

The postal service was slow in the end of summer, and then maybe it's back to normal again.

I could write back all of them in the afternoon.


Our landlady's daughter is always jumping or running on the second floor. She must use her energy up during daytime.

Even though the school started in NYC, her mother is not sending her. I like how each family can decide.


Felt like Monday all day, but it was a nice and quiet Tuesday.


7時に起きた?夫が出勤する時だから、そのくらいかな。昨日より元気。

食料品の整理をしたり、台所を片付ける。

でもふっと疲れがくるので無理しない。


週末3回プロポーズされた。夫に。

それから5年前のあること(どれかは教えてくれなかった)について謝られた。

「今同じこと(なんにせよ、大事にしてないとはっきりわかること)が起こったらすぐ離れると思う」と言うと、

夫は「フェミニズムの本をたくさん読んだからだよね」と笑っていた。 それはイエスで、ノーだ。それ以外にもたくさんのことが必要だった。


今は、「わたしと結婚できるなんてほんとラッキーだよね!」くらいに思ってる。

そして今のわたしになるのを手伝ってくれたのは夫だから、そのことにとても感謝している。


仕事のメールがすこし多い。それを送ったり受けたり、洗濯とアイロンがけしたり。

お腹はすくものの、何も食べたいものがないので野菜のお味噌汁をつくる。おいし。


お手紙がどっと届いてうれしいやらもったいないやら。

夏の終わりに一度滞った郵便もまたすこし戻ってきたのかな。 午後落ち着く時間が取れたので返信を書く。


階下の大家さんの娘さんは毎日家にいる体力を持て余しているもよう。

日中ずっとジャンプしてたり走り回る音。そうだよねぇ、元気な子ほど大変だろうな。

学校は始まったものの、大家さんは登校させてない。 毎朝制服を着てオンラインで受けているんだそう。

みんな一斉ではなく、それぞれが決められるのはいいなと思う。


いちにちずっと月曜日な気がしてたけど、おだやかな火曜日でした。

contact.jpg