top of page

yuko's diary 10/27/23

Friday.

First frost.

I waited until the sun came out, and went outside.

The frost covered everywhere, and it was so beautiful.

I found a dandelions seeds covered with frost, and it was shiny.

I tried to show Dan, but as soon as I entered the house, it melted away.

A walnut tree was shading its leaves a lot.

There was no wind, just leaves fallen itself.

We watched this strange phenomena and realized that frozen leaves thawed by sun and fall, and also push other leaves too.

Wow, the nature is strange and beautiful.

Dan went to work for half day.

I did laundry, and went outside.

I put gathered leaves on the garden, and selected pumpkins and winter squashes.

One group is for Halloween decoration and the other is for us to eat during winter.

I also cleaned the front porch for Halloween.


It got warmed up by sun, and now it’s clear that which plants gave up.

Those summer plants were thawed and melted.

I cut them down, and used them as mulch.


In herb garden, I cut back some of them for next year.

I am trying to leave some for birds.

Added more mulch for trees.


I ate leftover for lunch.

Writing.


Dan came home around 4.

It was still bright, but cold.

When I walked to the mailbox and back, I got chill.

My body is not adjusted yet.

Today was the game one of the world series.

World serious.

It was a good game, back and forth.

In the 9th, there was a tying homer.

Then Texas won in 11th inning with sayonara home run.

Wow.

Meanwhile in Gaza, internet was down.

A part of me dying everyday.

I am trying to understand why US, UK and other European countries support Israel.

Is it because what US did to Indigenous people is the same as what Israel is doing?

I feel like I lost the last remaining hope and faith for US government.


金曜日。

初霜。

太陽が出るのを待ってから外へ。

一面にきれいな霜が降りている。

写真を撮っていたら、タンポポの綿毛に霜がついているのを見つけた。

夫に見せようと家の中に持って入ったらすぐに溶けてしまった。


クルミの木の落ち葉かきをしに行ったら、風もないのにハラハラと葉をどんどん落としていた。

なんとも不思議な光景で、夫としばらく見惚れる。

霜で凍った葉が、朝陽で溶けて、落ちる時に、他の葉も落としていた。

葉も葉柄も大きく、落ちる時にはっきり音がするくらい。

もう終わりなんだね。

自然はとてもキッパリしている。

でも葉が落ちたところのすぐ上には新しい芽がもうできている。

夫は半日仕事へ。

わたしは洗濯機を回してから外へ。

集めた落ち葉をお庭に被せたり、ポーチで干していたカボチャを選別する。

台所で保存して食べるものと、週末にジャカランタンにするもの。

ついでにポーチも掃除して、ハロウィーンの時、子供たちが転ばないようにする。

どんどん暖かくなって、霜は溶けて無くなった。

霜にやられたものと、全く影響を受けていないものがはっきりする。

夏野菜は全般にシナシナっとなって、少し透明のような、ジェルのような質感になって倒れている。

藍の葉もおひたしみたいになってる。

ほとんど片付けていたものの、あちこち残っていたものを細かく切って撒く。これもマルチになる。


ハーブは切り戻しを少しずつ始める。

ほとんどのハーブが、根元近くまでガッツリ切っても、来年また新芽が生えてくる。

鳥さんの冬の間のご飯になりそうなもの以外、少しずつ切り戻す。

木の根元のマルチもさらに増やした。


お昼は残り物。

それから書き物をする。

夫は4時前に帰宅。

もうこの頃には寒くなっている。

まだ日は高いし、夕陽みたいな色だけれど、もう暖かさはない。

郵便箱まで歩いて戻ってきただけで、急に体が冷えてしまった。

夫が湯たんぽを入れてくれて暖まる。

まだ体が慣れていない。


今日はワールドシリーズ初日。

シリーズとシリアスをかけて、ワールドシリアス!という親父ギャグがある。

あんまり上手くないギャグだけど。

でもまぁそれくらいどちらもシリアスだった。

逆転、逆転、逆転でなかなかおもしろい試合。

後半あまり動きがなくって、夫は寝てしまったし、わたしはドローイングをしていた。

9回裏になってまた見ていると、同点ホームラン!

それから11回のサヨナラホームランまで見て終わり。


ガザではネットが切断されたとのこと。

心のどこかがどんどん冷えていくようで、ずっと祈っている。

イスラエルにお金を注ぐアメリカ、各地で反対運動があるものの、政府やメディアの様子がどうもおかしい。

今回ほどアメリカの政治に嫌気がしたのは初めてかもしれない。

イスラエルがやっていることは、かつてアメリカが、この地で Indigenous の人に対してやったことと同じだ。

だからイスラエルの肩を持つのか?イギリスは?他のヨーロッパ諸国がどうしてこうなのか、理由が知りたい。

アイルランドと南アフリカが公然とパレスチナの側に回っているのは、どちらもかつて虐げられた側で痛みを知っているからだ。

日本はどうするのか。

Commentaires


bottom of page