top of page

yuko's diary 1/4/24

Thursday.

It was busy day.

After Dan left for work, I had coffee.


I did laundry, and cleaned the kitchen.

Then I ordered the next book to read.

I bought “Things You May Find Hidden in My Ear” by Mosab Abu Toha.

I read his essay about fleeing Gaza, and kidnapped by IDF.

When that happened in real time, I saw tweets by publishing people, and that essentially saved his life.

Reading that in his perspective was so chilling.


I took bath and started making pumpkin soup.

This time I used Japanese kuri kabocha.

It didn’t grow full size, but when I cut it open, it was so beautiful.

It was thick, and hard, it is really Japanese pumpkin, and that made me happy.

I cooked it with onion, garlic, little bit of ginger, and carrots.


While boiling it down with vegetable broth, I had my monthly counseling.

I felt much better than last two months, and the big reason is now I understand what is happening.

Not knowing is the worst for me.

Also I talked about how I feel better with women than men when I first meet someone.

With a woman, I can be relaxed, and start with good mutual intentions and it’s like a dance.

But with a man, there’s no foundation, and I have to build it from ground up, and I feel like I have to forgive them.

My counselor told me that usually woman has tendency to think man would be nicer to them.

And so some women are more careful to contact with other woman.

Hm. I guess I understand that too, but I don’t think like that.


After that, I wrote a letter to friend, and send my kumihimo necklace.

When I walked back from the mailbox, Saige ran towards me in full speed.

She was not tied today.

She doesn’t jump on me, but come close to me, and push herself on me.

That’s how she shows her affection.

I told her I missed her.

We walked to my house together and one biscuit.

Then we walked around the garden.

She was called soon after, and went for a walk with Faith.


I finished the soup, and talked with my Japanese friend on zoom.

I feel like this year, we will talk to each other more.

Last year, each of us went through a lot in solitude.

We talked after Dan came home.


I warmed up the soup and made toast.

Dan put red sauce, I added some milk.

It was simple, but very good.


We watched John Wick.

It was very bad, but easy to watch.

They said it was in NY, and tried hard to convince viewer, but we noticed many flows.



木曜日。

何だかやりたいことが溜まっている休日。

夫を見送ってしばらくのんびりした後、コーヒー。


洗濯機を回して、掃除。

次に読む本を選んで購入。

ニューヨーカーにエッセイが載っていた、ガザの詩人モサブ・アブ・トハの詩集を購入した。

家族で国境を越えるところで1人だけ捕まって裸にされ、という一連の話はホロコーストかと思った。

奥さんが彼の携帯でニューヨーカーを初めアメリカの出版関係に助けを求めて、それで解放された。

この時ツイートを見て訳したりしていたので、その時の恐怖が蘇るようだった。


お風呂に浸かって温まってから、カボチャのスープをつくる。

今回のは栗カボチャ。

育ちきらなかったからどうかなぁと思ったけれど、切ってみるとすごく綺麗な色だった。

実が厚くて皮が硬いのも日本のカボチャだ~とうれしくなった。

タマネギ、ニンニク、ニンジン、ショウガをほんの少しと炒めてスープストックで煮る。


煮込んでいる間に久しぶりのカウンセリング。

秋頃よりだいぶ落ち着いてきたので、今日はいろいろ報告会のようになった。

戦争のことでも何でも、じぶんで考えてわかるということがわたしにはとても大事。それがあることで、悲しみは減らなくても、頭が冷静なところに戻れる。

今回わかったことをシェアした。

わたしは、初対面で人と話す時、女性と男性では格段に違うという話もした。

わたしは女性とは最初からお互いの共通認識というか、安心を持って話せることが多いのだけど、男性とはそれが使えなくて、ゼロから組み上げないといけない。

それで、男性を許してあげないといけないという思いがあることに話していて気づいた。

カウンセラーの先生(日本人)によると、女性はどちらかというと女性と関わることを苦手とする人の方が多いらしい。男性には手加減してもらえる、甘えられると思っている人が多いと聞いてびっくりした。

あー、わからなくもないけど、わたしは初対面ではそれをしない。おもしろいな。


終わった後、友達に手紙を書いて、組紐のネックレスを送る。

郵便箱へ歩いていって帰ってくると、セージが走ってきた。

ひさしぶりに繋がれてない。

すっごく嬉しそう。

飛びかかってきたりはしないけれど、近くに来て体重をかけるようにひっついてくる。

これが彼女の表現。いっぱい撫でてあげる。

一緒に家に帰って、ビスケットをあげ、お庭を一周した。

その後すぐに呼ばれて散歩に行っていた。

冬の間はドアを開けると寒いからなかなか出してもらえないセージ。

今日はよかったね。


スープを裏漉しして仕上げて、お茶を飲んでいると日本の友達から連絡。

その後ズームでおしゃべりした。

今年に入って、誰かとこうやってつながることが自然と増えつつある。

みんな去年はひとりで修行していたなと感じる。

夫が帰ってきてからもしばらくおしゃべり。


スープを温めて、わたしはミルクを、夫はスパイスをかけて、トーストを添えて食べた。

シンプルだけどとてもおいしい。

食後に夫が貰ってきたヨーグルト。


夜はのんびり過ごして、映画を観た。

ジョン・ウィック。

下らないし辻褄が合わないと言い合いつつ。

アクション映画の流れが来ている。

真剣に観ないでいいのが楽だ。

NYが舞台だということになっているけれど、明らかにNYじゃないシーンが多くて、夫と笑った。予算がなかったのかな。

bottom of page