yuko's diary 1/31/22

When I woke up, I realized that the outside is so bright.

Still half asleep, but went to the kitchen and had a sunbathing.

I let all of my plants have some sun too.

It has been one week since the last time we had sunny day.

My body and my mental health really needed this sun.

The cloud covered some, but later the sun came back.

Coffee, corn bread.

We ate leftover pizza.

I made sweet potato soup in the afternoon.


I sent two zine to UK.

On the way home, I found a big foot stamp on the snow.

It wasn’t dog or wolf, more like bear.

Maybe it was raccoon.

Also there was this tiny cat or dog in front of house.

We cannot know activities here at night.

I did knitting, and stretching.

Oh, the sun makes huge differences.


I made rice, and ate with kimchi and sesame oil.


We found this movie by the same director as the last night’s one.

“Darkest Time”

It’s about WWII, Winston Churchill.

I didn’t know he was that old, nor England was in that bad situation.

But I know that speech.

“Fight until the last one on this island”

Well, that is what Japanese said.

War is war.

Winner gets to write history, but in anyway, I hate war.

朝起きたら、外が明るい。

まだ眠かったけれどキッチンに行って朝日を浴びた。

鉢植えも移動させてたっぷり日光浴させる。

1週間、まったく陽に当れなかったので、しみわたるよう。

その後雲に隠れてしまったけれど、午後もたくさん日光浴できた。


コーヒー、コーンブレッド。

今日は残りのピザをつまんだりしていたけれど、

午後にスイートポテトのスープをつくった。


イギリスにzineを送る。

庭に、大きな足跡。

でも犬系じゃなくて、熊?穴熊とかかな。

くるりと家のまわりをまわっていたもよう。

ものすごくちいさな猫か犬?の足跡もあった。

夜になにが起こっているのかぜんぜんわからない。


編み物をしたり、ストレッチしたり。

太陽が出ているだけで気分がぜんぜん違う。


夜はなんだか白ごはんが食べたくなって、白ごはんにキムチとごま油だけ。

昨日の映画と同じ監督の映画を見る。

ウィンストン・チャーチルの映画。

首相になった戦時中、数日の話。

こんなに歳をとっていて、こんなにイギリスは危なかったのか、知らなかった。

でも戦争に向かう政治家の言い訳やスピーチっておなじだなぁって思う。

「この島国に最後のひとりになっても戦う!」ってこれ大日本帝国といっしょやん。

勝者が歴史をつくる、ということもあるし、

なんにせよ戦争はいやだ、と思った。