yuko's diary 1/27/22

We woke up slowly.

Yesterday I had some little thing reminded me about my trauma.

So I decided to take break today.

Well my life now is “break” everyday, but still I decided to do nothing today.

Coffee and oatmeal.

So I was knitting, and stretching.


Maybe sometime early afternoon,

Dan was warming up soup, and called me.

He saw a big head is moving in the empty lot south to our property.

This is owned by the same family we bought ours from, and filled with scraps and old fruit picking machines.

We though our wolf Walt was back.

So we brought two pairs of binoculars and watch it carefully.

His big and dark colored head moves time to time with a big ears.

He looks like laying down and relaxing.


Then before it got dark,

Dan tried to bring canned sardines closer to him.

He noticed, woke up, started walking, watching, and then climed up the hill and gone.

But it definitely not like fleeing.

He looked like he moved just incase.

Then, 20 minutes later, he came back.

To the exact same spot, and lay down there.

Wow, he likes that space so much!


When we saw him on the hill,

he looks like very skinny wolf or huge coyote.

Later I learned there are hybrids in between them and also between dog and wolf.

Since wolf’s population is so low, and coyote won’t move without family,

this one might likely some of the hybrids, I guess.

We named him Steve. Walt’s cousin.

There were number on the machine where Steve lays down.

So his address would be 55 Weiner Boulevard.


When it gets dark, we cannot see anything outside.

Dan made dinner: salmon, salad, and rice.

Thank you Steve for making my day.

ゆっくり起きる。

昨日、ささいなことで昔の記憶がよみがえってきて、

まだ「ある」ことに消耗してしまった。

今日は「休み」にする。

まぁ、毎日休みみたいなものだけど、

いろんなことをしないことを許可した。

コーヒー、オートミール。

ただひたすらに編み物。しっかり筒状になってきた。

編み目を減らして正解だったな。


お昼すぎ、たしかスープを温めようとしていた夫が呼ぶのでいってみたら、

台所から150メートルくらいの、隣の空き地にいろいろあるガラクタのあいだで、

なんだか大きい頭が動いている。

えええ、まさか、オオカミのウォルトがすぐそこに?

急いで双眼鏡を持ってきてみてみると、

ウォルトよりは黒っぽい、大型の犬系の動物が寝そべっていて、

耳がピンっと見えたり、頭が動くのがときおり見えるくらい。

のんびりしているようだった。


しばらく観察したのち、

オイルサーディンの缶詰を夫が50メートルくらいのところに持っていってみる。

それにきづいて、立ち上がり、丘をゆっくり登っていってしまった。

でもどうみても、しぶしぶという感じでぜんぜん怖がって逃げた感じがしなかったねと話していたら、なんと、20分くらいで戻ってきた。同じ場所に座り込む。

ここがよほど気に入っているみたい。

住むのだろうか。少しの間でも住んでくれたらうれしい。


立ち上がったときに見えた体は、すごく細いオオカミ、か、おおきすぎるコヨーテ、というかんじ。

その後調べてみたら、コヨーテとオオカミのあいのこ、オオカミと野犬のあいのこ、というのも結構な数いるらしい。もともとすごく似ている種類なので、判別はとても難しいとのこと。

でも純粋なオオカミはそんなにいないし、コヨーテが単独行動することもあまりないだろうし、で、この個体はどれかのあいのこかな?というのが今の所の結論。

ウォルトのいとこ、スティーブということにした。

彼がお気に入りのガラクタに55という数字があったので、

スティーブの住所はワイナー通り55。


夜になるとあっという間になにも見えない。

夫がつくってくれたサーモン、サラダ、ごはんで夕食。

スティーブのおかげできもちがだいぶ楽になった。