top of page

yuko's diary 1/14/23

Saturday.

It was already 10 am when we woke up.

Coffee.

We were thinking to go to the restaurant nearby Dan’s work, but we didn’t feel like it.

Dan got frozen pizza, and I heated up my soup.

Then I opened the boxes that I received yesterday.

Then I made birthday card for our niece.

As she’s playing lacrosse, I draw the sticks.

When I walked to the mailbox, I found seeds in it.


So I organized all the new seeds.

And started rosemary.

It is hard to grow rosemary from seeds.

Last year, I managed to grow 2 of them, and we loved to use it for holiday cooking.

So I’m going to try to grow more.

It requires 70F to germinate, I started inside the kitchen.


I talked my friend in Los Angeles.

I wanted to ask her about my translation.

She is very busy, so we chatted little about our life and jumped into the subject.

It was fun as always.


I got email that saying i received another package of seeds.

So I walked to the mailbox and there was New Yorker and phone book.

It was the first time I ever saw in US.

You can look up individual’s home address and phone number.

Oh my god.

When I was kid, we had those phonebooks in Japan, but we never thought it was too much of information.

This one is thin, and I didn’t find much of people in it.

I read New Yorker’s short story.

“Hammer Attack” by Han Ong.

It was about this Asian American attacked in NY subway and his family and friends.

The story was not too sad, but the fear of those people shocked me.

I could escaped, but there are still so many people fearing for their life every day.


We went bed late.


土曜日。

起きたら10時近かった。おお、びっくり。

コーヒー。

夫の仕事場近くのレストランに行こうと話していたけれど、

寝坊して完全に出鼻をくじかれたかんじ。


夫は冷凍のピザを焼いてくれて、わたしはスープを最後まで食べ切った。

昨日届いた土を整理する。

それから姪のバースデーカードを描く。

ラクロスをやっているので、スティックを描いた。

郵便箱に入れに行ったら、待っていた種が届いていた。

家に帰って種の整理。

なかなかここで育てるのが難しいローズマリーにもう一度挑戦。

去年2株種から育てたものは、冬のホリデー料理に使えてとてもよかった。

もう少し増やしたいのでやってみる。

かなり暖かくならないと発芽しないので、台所の隅でやってみることにした。

午後、ロサンゼルスの友達に電話。

翻訳のことで相談。

忙しい人なのでわーっと近況報告してからぱっと話したけれど、

とても楽しかった。

夕方、別の種(藍、シソ)が配達済みとメールがあったので、また郵便箱まで見にいく。

他にはニューヨーカーとタウンページとイエローページが合体したものが入っていた。

え、アメリカで初めて見た!

帰って中を見ると、個人名で、住所と電話番号が検索できる。

こ、個人情報すぎる。子供の頃は何も思わなかったけれど。

おもしろくていろいろ探してみる。

知り合いのほとんどは載せてなくって、ここの元家主くらいしか見つからなかった。

オカノガン郡全ての情報が載っているにはさすがに薄すぎると思った。


ニューヨーカーのショートストーリーを久しぶりに読む。

Han Ong の “Hammer Attack” 、タイトルからして不穏なのだけれど、

NYの地下鉄でハンマーで暴行され意識不明で入院しているコリアンアメリカンの男性とその家族や友達の話。

友達はいろんなアジア系のひとたちで構成されたブッククラブ、という設定がおもしろかった。

入院中の彼の横で主人公が本を朗読するのだけれど、それがコリアンアメリカンの彼の選んだ『細雪』なのだった。

主人公とその友達はフィリピン系で、なんで日帝時代の話を、入植者の話をコリアンアメリカンの彼に読むの?と言われ、でもフィリピンの作家なんて僕たちでさえ誰も知らないだろ?と言い返すところがリアルだった。

ストーリー自体は、悲しみの中にあるおかしみ、という感じで重すぎないのだけれど、

わたしはNYで暮らしているアジア系の人の恐怖を思い出して苦しくなった。

力のあるショートストーリー。

なんとなく夜更かしして寝た。

Comments


bottom of page